レーザー脱毛のしくみ

レーザー脱毛の原理

医療レーザーは、黒色だけに反応するというレーザーは毛根の周りにあるメラニン色素に吸収され、熱を発生します。そのレーザーの特性を利用し、熱エネルギーが毛母や毛乳頭などの毛の元になる組織を破壊することで脱毛が可能となる方法です。

レーザー光線はメラニン色素に反応するため、周囲の肌にはダメージを与えず、全身のあらゆる部位の脱毛が可能です。そして脱毛は毛周期に合わせてレーザー照射を数回繰り返す治療方法です。(毛周期は個人差が大きく、また部位によって差が大きくあります。)

レーザー脱毛のしくみ

医療ダイオードレーザー機「ソプラノ」は毛包を直接破壊し、広範囲で真皮まで素早く均一に熱を伝えて、毛の成長する力を減退させます。毛周期に合わせて1年数回照射すると効果的な脱毛が行えます。

また、レーザー脱毛は、脱毛効果だけでなく、美肌効果も大いに期待できます。剃毛などの自己処理による刺激が減るため、皮膚の炎症や黒ずみなどの肌トラブルが改善されます。さらにレーザーの照射は肌のコラーゲンの産生を促進し、毛穴を引きしめる作用があります。
そのため、毛穴が目立たなくなり、肌にハリとツヤが生まれます。